合気道・武産合氣會 丸亀道場
武漢熱に怯えぬように

東京2020+1オリンピックの前から、インド株(δ株と称す)が流行し武漢熱が再拡大しているように見えます。日本では第5波?でしょうか。チャイナの武漢に発した武漢熱ウィルスが様々に変異し、今やインドで変異したインド株が日本にも入ってきたわけですが、未だに入国規制がゆるい日本に入ってくるのは当然で、売国利権に繋がる者を除く一般の日本人に苦痛を強いながら外国人を優先したつけが回って来たわけです。或いは国家観の希薄な為政者に両者のバランスをとれる知恵も勇気もなかった結果といえるでしょう。

日本は医療、製薬、技術、人材全てにおいて大きな能力を持ちながら、悔しいことに各国に比べて何か有為な対策を実行できたわけでもありません。しかも眼前の利益と外国勢に侵された既存テレビや新聞等の旧来マスコミが一方的な切取り数字で煽り続けながらも、実際には他国に比べた被害数は僅かと云えます。

日本も新規感染者(低精度の検査陽性者)が増えたものの、下記の図(University of Oxford, Our World Data.orgより)に示すように重傷者死者数は非常に少ない現実にしっかり目を向けましょう。死に至る危険性の高い高齢者へのワクチン接種が驚異的なスピードで進んでおり、初めから少なかった日本での死者数はさらに目立ちません。毎年のインフルエンザウィルス感染者数が数百万~1千万人で関連死を含めて死者数が約1万人であることを考えれば、致死率が高い高齢者へのワクチン接種が進んだ日本では、一定の用心は必要ながら、過剰な移動制限や営業停止などの措置は不要であることが分かります。新規感染者数という曖昧な数字で右往左往する愚かさ。

水鳥の羽音に驚いて潰走を始めた平氏や月夜に響く梟の声に怯えて本当の敵に背中を見せながら逃げるかのような、過剰な規制は愚かであることに多くの人が気付くことが大切です。日本人が縮こまり逃げ腰になることで、喜ぶ者達の存在を忘れてはいけません。眦(まなじり)を正して現実を直視し、力強く活動・前進しましょう。そもそも我々の活動は受継ぐ日本の武道その精神によって日本人を強くするために続けているのです。我々が苦しみながらも覚醒し、戦にも強い祖先から受け継いだ本来の力を発揮すれば、今着々と進んでいる外国勢の侵透など簡単に跳ね除けることができるはずです。

 

各国における武漢熱起因の死者数(100万人あたりの死者数). チャイナは数字を隠すので記載されていない.

/武産合氣會

 

 

#各国の武漢熱状況と日本(修正と現状更新)

武漢熱の各国状況と日本について前回投稿しましたが、重要な部分について解釈を間違っていました。訂正してお詫びいたします。数理経済学者の高橋洋一氏が説明に使われていたデータの元を調べて自分なりに記載したのですが、いかんせん専門外で、真逆の解釈を書いてしまい恥じ入るばかりです。

気を取り直して以下に修正版と前回からの変動分を加えて示し直します。なお出典は前回と同じオクスフォード大学のOurWorldInData.orgのデータです。

もっと見る

#各国の武漢熱状況と日本

少しは不安解消になることを期待して、資料を紹介します。

下図は武漢熱がチャイナから発したことが発覚して以来の各国の状況を示しています。出典はOurWorldIndata.orgというオクスフォード大学が運営するデータリサーチ組織です。(誰でも閲覧可能ですので時間のある方は自ら確認してみてください。)

もっと見る

#丸亀市内の施設状況から

丸亀市内は武漢熱を過度に恐れた自治体により公共施設の使用制限が続いています。そのため城南コミュニティセンターはまだしばらく閉鎖の見込みです。

当会ではマイナス思考ではなくプラスにする方向、つまり積極的に活動するためにどうすればよいかと考え、そのための対策を施すという思想の下に十分な対策を施しています。

マスク、手指消毒、対面で大声を出さないなど、気を付ければ十分と考えており、活動を停止するのは愚と考えます。問題はマスクをいつ外せるかであり、スタジオMでの稽古は続けます。

諸外国に比べれば遥かに少ない感染者、死者、毎年のインフルエンザウィルスに感染・死亡する人よりも少ない状況で、これ以上何を恐れるのか。発生源を隠して変異ウィルス云々と騒ぐのも、日本より感染・死者がはるかに多い国からの外国人の入国をゆるゆるにして規制せずに日本人を自粛に追いやるのも、噴飯ものです。

日本は規制が緩く、入国時の隔離費も日本の税金が使われ、感染が判明しても日本の医療を無料で提供する。「無料治療を受けるために日本に行こう。捕まらないし、捕まってもご丁寧におもてなしされる」と日本に来る外国人の波が止みません。その上、地価の下がったこの機を利用してチャイナ等が日本の土地を買い漁る、老舗の旅館を買収する。

今は一刻も早く経済を立ち直らせ、日本人の誇りを取り戻さねばならない時です。

武漢熱のチャイナからの流入が明らかとなり、自粛が始まってはや1年4カ月、当会では毎年子供たちが楽しみにしてくれている金刀比羅宮奉納演武会が2回も中止になり、審査会もほとんどできない状況に陥りました。稽古も自制的にならざるを得ず、およそ1年分の稽古機会が失われた面持ちです。

街をみれば、自粛している店は良い方で、廃業してしまった店や会社が目につきます。当初は新規で不明なことが多かった武漢熱も今は国内外での研究が進み、原因も対処法もわかっているにも関わらず、日本国内はいまだに右往左往が続き、日本人としてもどかしく悔しい限りです。さらに愚かな言葉狩り、個人攻撃が続いています。日本人を貶めようとする勢力にとり、この自死行為(アポトーシス)は思うつぼであり、それに気づく人が増えることを願ってやみません。日本人が負けるわけにはいかない。

大東亜戦争で米国に敗れてから、憲法だけではなく教育にまで介入され、必要以上に自分を卑下してしまう日本人が増えてしまいました。しかし、この機を利用して逆に素晴らしい先人の築いてくれた歴史を日本人自身が見直し、日本人の再起を阻むために押し付けられた憲法を廃止して日本人の憲法を取り戻し、再び強国となる日も近いと思いたい。

/武産合氣會


 

 

error: Content is protected !!